カテゴリ:「めっちゃ!大好き!」( 1 )

「めっちゃ!大好き」

**あらすじ**
ソウルから遥か離れた山奥のド田舎に祖母と暮らすヨ・ボンスン(ユジン)。ある寒い日,ボンスンは近くで怪我を負って倒れている男性(カン・ジュヌォン=リュジン)を発見,自宅へ連れ帰り”田舎流”の手当てをする。実はジュヌウォンは外科医であり大統領の1人息子なのだが。
数日後, 青瓦台の警護員ナム・ボンギ(イミンギ)が理由を聞かされずジュヌウォンが誰かも知らされずに山奥まで迎えにやってくる。
その後・・・・
超・田舎娘で宇宙人?のように何から何まで常識知らずのボンスンは祖母の死後,ソウルへやってくる。
温かい心で「オチビ!いつでも力になるからな」と包んでくれる紳士ジュヌォン。
田舎娘の相手をするよりもファッション命!自分が大事!のボンギ。
なんの因果か・・・・ボンスンはボンギ家に同居することに・・・。
詳しくはKNTV「めっちゃ!大好き!」サイトへ。

最初の2~3話がとにかく笑える!ボンスンの田舎娘ぶりは・・・ハンパじゃなくって!爆笑~!!まるで原始人の生活のよう!そんなボンスンのおかしな事もバカにしたりせずに優しく受け止めくれるジュヌォン。
対するボンギったら・・・ボンスンのひとつひとつに大げさに反応!バカにしては1人大騒ぎ!ホント!嫌なヤツ!

迎えに行った時にジュヌォンがお婆さんの服(超~~~ダサダサ!!のこげ茶のカ-ディガンにモンペのようなパンツ・・)を着せられてて,それを見て鬼の首でもとったかのように大げさに「ダッセ~~~!!」と大笑いするボンギ。ボンギはジュヌォンの正体を知らないものだから言いたい放題!
でも翌日・・・今度は服を汚してしまったボンギがそのコ-ディネ-トを着る羽目に!
この場面が最高に笑える~~!(おまけにその姿で車を運転,病院の待合室にまで行くことに!)

ソウルで暮らし始めてからのスト-リ-はだんだんまっとうになって行きます。。。残念!
ボンスンは青瓦台で料理人としての才能を徐々に開花させていく。
そんなボンスンをいつもからかい,皮肉りながらもボンギの気持ちはどんどんボンスンへ。実はボンギも心に寂しさを抱えているのだった・・・。
ジュヌォンは・・・・!独身ではなく,アルツハイマ-の妻を献身的に支え,一児の父でもあった。
ボンスンの純真さは優しさと寂しさを併せ持ったジュヌォンへと向かっていく。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ただのコメディ-かな・・・って思ってたら,これはなかなか深い話でした。
リュジンって「二番目の男」っていう役がお決まりでしょ?出て来ただけで分かるような(笑)
でもこのドラマでは最後までボンスンにはジュヌォンと一緒になって欲しくって・・・!!
だってジュヌォンが抱えてる寂しさはボンスンにしか埋められないって本当に思えた。
日に日に症状が進んでいく妻とボンスンとの間で答えを出そうと苦しむジュヌォン。

対して・・・ボンギ~~~!!
ってかミンギ君!可笑し過ぎ!!
黙ってるとイケメンなのに・・・本気でニワトリのマネとか!いちいち大げさで!コメディ-のセンスが抜群!面白すぎ!

3人の恋の結末は???

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このドラマの後半で青瓦台での大統領夫人との会食に日本人のアジュンマ達が来る・・・っていう設定があるのね。
そこで料理人たち(ボンスンたち)がメニュ-を考え、腕をふるうのだけど・・・。
何故か他の海外の来賓たちの時とはト-ンがまるっきり違ってて悲しかった!
最初から日本のアジュンマ=気難しくてケチをつける嫌なおばさん扱い。
最初に韓国版・納豆を工夫して出すと・・・「あ~~ら・・・こんなもの・・そもそも韓国の文化は日本と比べて薄っぺらく・・・・」なんて批判が始まる。

俄然燃える料理人達!「韓国をばかにして!あいつらをギャフンと言わせてやろう!」

翌日・・・今度は同じ納豆を意外な料理(アイスクリ-ム・・・!)にして出すと・・・。
「あら!これはおいしい!」
コック長「それが韓国の文化です・・・~ウンチク~・・・・」全員・してやったり~~!
チャンチャン!!

この日本アジュンマ役は韓国人,しかもシロウト(3~4人)が演じてるの。下手な日本語,ヘンテコな着物の襟元・・・。
韓国ドラマであまり反日って出てこなかったけどこれが現実なんでしょうね。
ちょっと寂しかった。

すべて含めても笑って泣けるドラマなのでゼヒ!観てみてね!
[PR]
by nao-617 | 2007-11-03 16:51 | 「めっちゃ!大好き!」 | Comments(0)