~~さて・・・入院のお話もラストスパート!~~

治療を終え病室へ戻ると主人が待っていました。
まずは成功を喜び合い^^・・・

ほっとする間もなくパタパタと検温・傷口の止血確認などが続き
その都度ベッドのカーテンが閉められるので主人はいる場所ナシ??

私の場合は「静脈」を使用しての治療だったため3時間は安静にしていなくてはいけません。
体を起こすこともダメでしっかり横になっていなくては・・・。

(ちなみに「動脈」を使った場合だと倍の6時間の安静!
 少し前に同じカテーテルを受けた方のブログなどを読むと
 「重い砂袋を乗せての圧迫は辛かった!」など・・・あるのですが
 私の場合は「圧迫帯」でだったので楽でした。日進月歩ですね~!)

ちょうど昼食時間になり,食べやすいようにロールパン・パックの豆乳などのメニューが出ましたが
さすがに・・・横になった状態では食べにくく,又それほどの食欲もなかったので軽く水分
(スポーツ飲料)をとりました。
そして持参した「ウィダーインゼリー」!
これが本当に便利でした!飲みやすくお腹にもたまるし・・・♪

この安静にしている3時間は,1時間ごとに看護婦さんが検温・傷口の止血の
確認などに来ますし,担当の先生も(女医さんもいたので2人)「どうですか?^^」と
代わる代わる訪れるため結構あわただしく・・・
腰の痛みもありましたがあっという間でした。

3時間経過後,安静は解かれたものの 導尿カテーテルが外されたのは更に30分後。
点滴は翌朝までつけておくとのことで少しがっかり・・・
ホルター心電図はもちろん・・・入院中はくっつけておかなければなりません。

それでも「自由の身」になれたのでようやくパジャマに着替えリラックス~~!!

その後担当のS先生から主人と二人で手術内容の説明を受けました。
●頻脈を起こす箇所を順調に特定出来(わずか2~3ミリ)
 10回ほど焼灼し,根治することが出 来たこと。
●今後頻脈は起こらないでしょう!と
太鼓判。
●心臓の他の部分には問題なく^ ^
いたって健康!

 など・・・丁寧に説明を受け,二ヵ月後の外来予約を入れ
 その際の心電図などで問題なければすべて終了~~!!(^^)!

先生に「・・・明日,帰るのは無理でしょうか?」と一応聞いてみましたが・・・
「術後丸一日は様子を見せてもらうことになってますので・・・」とやんわり却下。

もともと3泊4日の予定なので仕方ないですね。(^^ゞ

家事に追われる(?)主人はほどなく帰宅。

夕食を済ませた頃には大学から娘が(*^_^*)直行してくれました。
やっぱり子供の顔を見てゆっくり話せるっていいですね~!

この夜はさすがに疲れが出たのか・・・
カテーテル治療後は良くあるらしいのですが37.7度まで熱が上がり
アイスノンを当てながら睡眠・・・・
知恵熱?でしょうか?(^_^;)

翌朝には平熱に戻っていました。

この日は息子が予備校から駆けつけまたまた楽しい時間を♪
(子供たちが来る際にも 地下鉄駅に隣接しているこの病院は便利でした。)

c0143821_19555340.jpg
【最後の昼食】


そして問題もなく12日(日)お昼過ぎに退院しました。

午前中退院出来たところ・・・ナントこの日は「仙台ハーフマラソン」が開催され
病院付近はマラソンコースに近く「交通規制」がかかり^_^;
迎えの車が入れない状況でした。
そのため規制の解除される午後からの退院となりました~!


火曜日には職場復帰。
木曜日にはテニスレッスンへ・・


~~~あっ!雑感などもちょっと書きたいので⑦へ続きます・・・長くてすみません!~~
[PR]
by nao-617 | 2013-05-31 11:37 | 発作性上室性頻拍症 | Comments(4)

~~さて!いよいよ手術当日のお話です^ ^~〜

当日は朝食抜きです。
(水分制限は無し)

9時からの手術に備え
30分ほど前から部屋に看護婦さんの出入りが続き,慌しくなりました。

まずは「安定剤」のカプセルを手渡され2錠服用。
その後,手の甲へ点滴用の針が刺されます。
そして導尿のカテーテル・・・・!!
これが・・・!(-_-;)今回一番の試練でした・・・外す時も・・・(痛!)

いつの間にか(?)上半身はハダカにバスタオル。下はT字帯姿!!(/////)
(移動中は毛布を掛けられました。)

心もカラダも「まな板の鯉」状態。
されるがまま!!

部屋のベッドに寝かせられた状態でシャーーッと手術室へと運ばれて行く私・・・
(8階~2階まで・・・エレベーターに乗って・・・渡り廊下を渡っての長旅^ ^)

c0143821_12135042.jpg
【入院グッズ。パジャマ(部屋着)、バスタオル、リラックマ^ ^、2PMの雑誌】


あ!!ダンナが来てない??
私が手術室に入った直後に来たらしいのですがモチロン既に「入室禁止」でした。(笑)

手術室では既に10人近いスタッフがキビキビと働いています。
皆さん動きはテキパキと・・・でもすごく穏やかに声をかけて下さって感激〜!

ベッドから手術用の細いストレッチャーへ助けを借りつつ「コロン!」と転がるように移動し
バスタオルから薄い手術用の布にチェンジ!
さまざまなシート(冷たい)やコードが体に貼られ「髪の毛が長いので・・・」と頭にはシャワーキャップ状のものをかぶせられ・・・

いつの間にか先生も登場!

「良く眠れましたか??」と優しく聞いてくれたので
「・・・ちょっと・・・目が覚めて・・・(`_´)ゞ」なんて繊細さのアピール?!(爆)
(実際は爆睡でした…)

酸素のチューブを鼻の下に付けられ・・・
ストレッチャーの冷たさと
貼られたシートとのWの冷たさで
やたらと寒さを感じながらも
とっても落ち着いてる自分自身。(安定剤のせいかな・・)

いよいよ・・・治療スタート!

「それでは‘眠くなる点滴‘入れて行きますね・・・!」と先生の声。

ん・・・・・
・・・・・・

すぐに夢の世界へ半分・・・・

先生やスタッフの声が聞こえ
それに返事は出来るんだけど 夢うつつ・・・・・zzz

途中
「いつもの頻脈」が起きているのに気がつく・・・
トクン!トクン!トクン!・・・

(この治療は「頻脈を起こした状態」に持って行き,その元になっている部分を探し出して
 焼灼します。一箇所だけのこともあるし,何箇所もあることも。
 私は一箇所でした。)


・・・zzzzz・・・・・

先生たちの声・・・!
数字や専門用語が飛び交ってます・・・(←解釈不能!焼灼する温度・角度などですね)
けっこう深刻に叫んでるように思え
「・・・直りきらないのかな~~」などとチラリと思いながらも・・・・zzz

トクン!トクン!トクン!・・・・

胸の鼓動を感じながら
「もう二度と起こらないでね・・・さよなら!頻脈・・・」と別れを告げる私・・

途中 静脈からカテーテルを挿入する時だけ少し痛みを感じ、
「イタタ・・・!」
「大丈夫ですか?すぐ終わりますよ~・・」

zzzz・・・・・・

ちょっと意識がクリアになってきたかな?

手術台の左側にはレントゲンの大きなスクリーンがあり
そこにモノクロの,私のリアルタイムの心臓が大写しになっています。

不思議と恐怖心もなく、ぼんやりと
見てはまた目を閉じてうつらうつら…

ちなみに「胸の痛みや熱さ」なども全く感じません。

先生に「眠気がなくなったら言って下さいね。」と言われ
「眠気が・・・なくなったかも知れません!」と
点滴の^_^;おねだり(?)

・・・・・zzzz・・・・

始まってからどの位経ったでしょう?

「終わりましたよ!もう頻脈が起こることはありませんから。」(^^)v
先生の声で我にかえりました。

ほっと安心するとともに
ずっと冷たい台の上に横たわっていたので寒くて寒くて・・・
ガチガチと歯が噛み合うのを我慢出来ないほど!

体に掛けられた薄い布を外すと・・・
「あ・・・!体が赤くなってますね!」の声。

どうやら使用した「造影剤」へのアレルギー反応のようです!
(その後,部屋に行ってから赤みは引いて来ましたが・・・)


点滴と導尿のカテーテルを残し、
他のシール状のものなどは体から全て外され,手術着(上着だけ・・)にT字帯だけとなり
再びベッドに乗って病室へ戻りました!

時計を確認すると時刻は11時半。

2時間半のカテーテル治療は無事に終わりました!


~~次は術後のお話です~~~
[PR]
by nao-617 | 2013-05-29 12:04 | 発作性上室性頻拍症 | Comments(2)

~なかなか進まないレポでごめんなさい~~(^^ゞ

私が受けた「カテーテルアブレーション」について簡単に説明しますね!

カテーテルアブレーションとは?】

カテーテルアブレーション(Radiofrequency catheter ablation:RFCA)とは、
カテーテルという直径2mm程度の細い管を、足の付け根の大腿静脈(または動脈)から心臓に挿入し、
不整脈発生部位にカテーテルを当てて暖め、不整脈を根治する治療法です。

 初めに足の付けねを局所麻酔し、その後カテーテルを心臓にすすめて、レントゲンと心電図を見ながら
ケント束にカテーテルを持っていきます。
足の付け根に麻酔を施す時は若干痛みを伴いますが、カテーテルが心臓に入ってきても多少動悸がする
程度で痛みはありません。また検査中発作が起きドキドキする場合がありますが、すぐ止めることが可能です。

 実際のアブレーションは背中に対極板を貼って、心房の中に入れたカテーテル先端との間で
高周波エネルギーを流すことでカテーテル先端の温度を60度程度まで上昇させることで組織の壊死を
作成します。
1回あたりの通電は30秒間から60秒間くらいで、通常は数回程度焼灼しますが、焼灼している間は、
軽い痛みがあったり胸が熱くなったりします。

こちらのサイトからの引用です)

c0143821_10314616.jpg
画像はこちらのサイトからお借りしました)

ひぃ~~~~っ!!

こうしていろんなサイトで復習したり,画像を見てる今のほうが
実際の治療よりもよっぽど怖いです・・・!!


~~~さあ・・・いよいよ「まな板の鯉」の話です!~~
[PR]
by nao-617 | 2013-05-28 10:46 | 発作性上室性頻拍症 | Comments(0)

今日職場で雑誌「SPUR」(シュプール)7月号を何となく手に取ってパラパラ・・・

c0143821_0192455.jpg
(↑ジャニの写真の過剰な規制は不自然な気がします・・・この時代・・!)


す・る・と!

ドンちゃんことカン・ドンウォンのインタビュー特集発見!!

漫画家の方(ファン?)がソウルに赴いてのイラスト&インタはとってもとっても読み応えあり!

・・・・と言っても^_^;私はチラ見のみ・・・仕事中につき・・(笑)


久しぶりに見たドンちゃんは 髪型もベストで♪(コレ重要!)
兵役後だというのに相変わらずのアンニュイな(←死語?)美しさ!
そして相変わらずの小顔&9頭身・・・・!


す・・・すてき!!

何て言ったらいいのか・・・

私はちっともドンちゃんファンではなかったし,今も「好み」ではないんだけど・・・

そもそも大ヒットしたアノ映画でも もう一人の主演俳優にだけ夢中になって
韓国まで追いかけたのだから・・・・(苦笑)

(今は見るのも嫌なm(__)mくらい苦手になってごめんなさい・・・)


でも ドンちゃんったら・・・
とにかく変わらずに美しい~~!
独特の雰囲気!!

韓流にハマり始めた頃のヒトが
今も変わらずに〜それ以上に〜
美しいって嬉しい!

日本の俳優さんではここまでの人・・・いないですよね?

韓国で「俳優大豊作の年」って言われてた「81年生まれ組」でも飛びぬけてるのよね~~



ドンちゃんってやっぱり
「妖精」??・・・!と確信した私は病気でしょうか??


とにかく ゼヒ!「SPUR」でのドンちゃんに・・・妖精に・・・会って見て下さいね!(^^)v
[PR]
by nao-617 | 2013-05-26 00:33 | *韓国の俳優* | Comments(0)

~~「カテーテル治療を受けた」と知った友人から
  「泌尿器科の病気かと思ったわ!」とメールあり。(^^ゞ
 そっか~~!カテーテルにもいろいろあるのね?~~


さて
その後・・・
かかりつけの内科からの紹介状を手にS病院の外来を受診したのが4月上旬のことでした。

(紹介状をもらってから 弟のこと,息子の受験など重なり数ヶ月経過・・・)

ちなみに内科ではS病院・K病院・T病院の三箇所の総合病院から選べます・・・と言われ
地下鉄の駅から直結している便利な(古いけれど・・)S病院にしました。

(K病院は全国の「心カテーテル治療件数ランキング・6位」の人気病院でした。
 つい最近知りました~♪(^_^;))

S病院のS先生は30代初めとおぼしき若い先生。
(紹介状はW先生宛でしたがこの日は不在。S先生からは「私で良いでしょうか?」と
確認されましたが「はい!お願いします。」)

発症~今までの状況をたどった後は,さっそくカテーテル治療の日程の相談です。
4月下旬から可能ということでしたが(←空きがある)私の仕事の都合もあり
5月の初旬,ゴールデンウィーク明けを予約しました!
(もし都合が悪ければ電話ででも予約変更できるとのことでした。)

看護師さんより簡単な入院説明を受け,後は入院まで・・・来院の必要もなく
当日を迎えました~!

入院したのが5月9日9時15分。
夫とともに受付完了!
この日循環器内科への入院は私一人。

連休中に入院~退院する人が多いので 連休明けのこの時期は病院も空いているそうです。
私が案内された6人部屋にも70代の方が一人いるだけでした!
入院中,部屋での気遣いで疲れるかな~~とちょっと気が重かったのですが,ゆったりと
過ごせて何よりでした。
8階だし眺めも最高~!

c0143821_2059473.jpg
【部屋からの眺め】


(他の部屋は男女ともほぼ満室。循環器内科は70~80代の方がほとんどで
私なんて(^^ゞひよっこ~~!実際30代と思われラッキー??)

すぐに持参したパジャマに着替えホルター心電図を付けられます。
入院中ずっと付けているため結構じゃまですが・・・
何か変化があればすぐに看護婦さんが飛んでくる仕組みだそうです。

その後担当のS先生から 夫婦で詳しい「カテーテルアブレーション治療」についての
説明を受けました。(30~40分ほど)

●心電図から見て私の場合は「房室結節リエントリー」というタイプの頻脈であるらしく
カテーテルは「静脈」から入れる。

●術中,他の箇所にも見つかった場合には「動脈」使用もある。

●3~4時間ほどの手術時間。
●意識のある状態で行うため麻酔は使わないが 
 希望であれば「眠気を催す点滴」を使います。(もちろん希望!)

●この治療での成功率は99%で,残りの1%も高齢の患者さんの血管の状態によって
 起こった後遺症。通常は安全性も高く完治できるものとのこと。

手術の合間を縫っての説明でしたがS先生はとても丁寧な説明の上,こちらの質問にも
真摯に答えて下さって好印象。安心して明日が迎えられそう!


その後は心電図・心臓の超音波などを撮るため院内2階へエレベーターで往復。
パジャマ姿にホルター心電図をくっつけ,外来の患者さんとすれ違う自分・・・
「あ~~・・・私って’入院患者’なんだ・・・明日手術なんだ・・・」と実感するひと時でした。

ばたばたと昼食時間になり(^^)v上げ膳・据え膳!
病院食とはいえ制限もなく 工夫されたメニューは毎回楽しみでした!

このあたりで夫は帰宅。
明日は娘を大学に送ってから来るので9時からの手術開始時間には間に合わないかも?
S先生も「10時くらいまで来て頂ければいいですよ~」とのこと。

夫を見送った後は
入浴⇒剃毛(//▽///)で明日に備えます・・・
(カテーテルは脚の付け根.2箇所から入れます)

不思議なほど不安はなく熟睡。

快適に手術当日の朝を迎えました!
[PR]
by nao-617 | 2013-05-24 11:41 | 発作性上室性頻拍症 | Comments(0)

HAPPY BIRTHDAY♪

今年もまたひとつ・・・!オトナになりました(^^ゞ

しかも・・・??

ものすごいオトナ加減に戸惑っております(爆)

c0143821_16372241.jpg
【実家からのプレゼント!!】


楽しい一年になりますように!
[PR]
by nao-617 | 2013-05-22 12:08 | *日々のあれこれ* | Comments(4)

~~一昨日は二時間のテニス・レッスンで目一杯(^_^;)走り回って来ました!
    昨日で術後一週間経過♪~~


さて続きです…

この頻脈は月に一度くらいの割合で現れるようになりました。


頻脈状態になったある日,近くの内科を受診し、初めて心電図をとってもらいました。
謎だった「ドキドキ」が「発作性上室性頻拍症」という不整脈であることがようやく判明。
(不整脈=頻脈が出ていない時には心電図をとっても異常が出ないため
 なかなか特定されづらく「不整脈」とすら分かりにくいのが発作性上室性頻拍の特徴です。
 そのため「パニック障害」などの疾患と誤って診断され治療を受け続けるケースもあるとか・・・)


私の場合,頻脈が現れると脈拍は 140回/分ほどまで跳ね上がります!
多い人だと250回ほどまで上がる・・・ということに比べると
「それほどの頻脈では無いんだなぁ・・・」と思えましたし,実際 家事や買い物(近所での)程度で
あればなんとかこなせてました。

ただ いったん頻脈が起こると7~8時間続くこともざらにあり
「朝起きて~夜眠るまで頻脈状態」ということもたびたびありました。
(不思議なもので頻脈状態で眠りについても翌朝までには必ず治っていました)



何度か発作止めの薬(「リスモダン」や「ワソラン」)を処方されたこともありますが・・・
飲んでもあまり効かず「お守り」(?)程度に持っていました。

「発作性上室性頻拍症」は良性の不整脈なので命にかかわることはないです・・・と
言われていたので私自身「このままでも大丈夫!」と安心し,発作が起こってもそれほど
あわてず,テニス中でもなければ日常生活にはそれほどの支障をきたしてはいなかったのですが・・・

3年前から仕事を始めたことで状況は変わってきました。

私の仕事は4時間立ちっぱなし!
しかもお客さんを案内したり・・・急いで売り場を行き来したり・・・
忙しい時にはじっとレジに張り付いていることは出来ません。

幸い 仕事中に頻脈が現れることはほとんどなく,当初は安心していました。

c0143821_2134136.jpg
【ある日の病院食】


ところが去年から…
仕事中に現れ,忙しい時期だったので続けることも無理で
「体調が悪くなったので・・・(-_-;)」と伝え早退することが二度ほどありました。

職場ではこの不整脈のことは特に話していませんでした。

専業主婦としてきままな生活を送っていた時には
趣味のテニスを少し我慢する程度で良かったこの不整脈ですが
「仕事」を始めたことで明らかに「支障」をきたす事が増えて行ったのです。


このことが「カテーテル治療」を考える大きなきっかけになって行きました。
[PR]
by nao-617 | 2013-05-18 11:46 | 発作性上室性頻拍症 | Comments(0)

今回私が入院・治療して来たのは
「発作性上室性頻拍症」という不整脈です。

<発作性上室性頻拍症とは?>

[どんな病気か]
 心臓の中に生まれつきに余分な電気回路ができていて、その回路を使って電気の空回り
(旋回(せんかい))が急におこり始めるために生じる頻脈(ひんみゃく)です。
頻脈がおこると、動悸(どうき)がして息苦しくなります。
脈拍数(みゃくはくすう)はたいてい150以上になり、タッタッタッと規則的な動悸がおこります。

 多くの病的な頻脈は、徐々に脈が速くなるのではなく、発作開始と同時に一瞬で脈が速くなり、
止まる際も一瞬のうちに止まるという特徴があります。
発作がおこると、急に激しい勢いで心臓が動き始めるため、血流に十分な圧力をかけられなくなって
血圧が下がります。
そして冷や汗やめまい、息切れ、失神(しっしん)をおこしたりします。
一般に動悸は、めまいの後で自覚することが多いようです。
 発作性上室性頻拍は期外収縮をきっかけにして旋回が始まります。
そのため、期外収縮の少ない若年者には頻脈がおこりにくいのですが、中年以降になると発作がおこりやすくなります。

[原因]
 心房(しんぼう)と心室(しんしつ)の境界に副伝導路があって、それを使って電気が旋回する場合
(房室回帰性頻拍(ぼうしつかいきせいひんぱく))と、房室結節(ぼうしつけっせつ)周辺に
2つの電気経路があってそれを旋回する場合(房室結節回帰性頻拍(ぼうしつけっせつかいきせいひんぱく))とがあります。

[治療]
 いったん発作がおこり始めると、内服剤では、発作を停止できないことが少なくありません。
発作が長く続く場合は、注射による治療が必要になります。
 あまり発作がおこらず、発作時の症状も軽い人は、抗不整脈薬で予防が可能です。

しかし、よく発作がおこり、発作時間が長く、発作時の症状も強い人は、カテーテルアブレーションで
病気そのものを根本的に治療したほうがよいでしょう。

(こちらのサイトからの引用です。⇒kotobank


c0143821_1216771.jpg
【病室から見上げた空】


「心臓の中に生まれつきに余分な電気回路ができていて・・・」と聞くと何か特殊な心臓の異常?と
思われそうですが,実はほとんどの人がもともと心臓にこの「余分な回路」を持っているとのこと。
ただ,どういった訳か・・頻脈が「出るか?出ないか?」なんですね~。

私自身も生まれてこのかた,自分がこんな不整脈に悩まされることになるとは想像すらしませんでした・・・
検診での心電図でも異常が出たこともなく・・・30数年過ごしてました!

ところが!
子育ても一段落し,テニスを始めた頃。(今から12~3年ほど前です)
レッスン中に急に心臓がドキドキし始め,休み休み受ける・・・ということが何度かありました。

その時は苦しさはあったものの
「今日は体調が良くないのかな?」とか「貧血気味??」などと思い,
症状もいつの間にか収まったためそれほど気にかけてはいませんでした。

風邪や検診で内科へ行った時にその症状のことを相談したこともありましたが
もともと貧血気味なので(-_-;)そちらの治療を進められ「鉄剤」を出されて終わり。

急な「ドキドキ」のはっきりとした原因も分からないまま・・・ 
テニスにどんどんハマっっていった私は(^^ゞ
日曜日以外はほぼ毎日2~3時間のテニス!!という部活並みのハードな日々に突入!

時々ひょっこりと顔を出す「ドキドキ」には悩まされ,そのたびに周りの友人に「ちょっと・・・」と
断ってテニスを一時中断!
すぐは収まらないので「ごめん!今日は先に帰るね~!」というすごく寂しい状態でした。



~~中途半端だけど^_^; 仕事へ行ってきます!続きはまた~~~
[PR]
by nao-617 | 2013-05-15 12:24 | 発作性上室性頻拍症 | Comments(0)

退院しました♪

お久しぶり~~!の間に三泊四日で循環器科へ入院して来ました!

かねてからの悩みの種である
「アレ」・・・を退治に・・・!

順調に根治し,おととい退院。

c0143821_18295599.jpg


母の日の退院となりました。

c0143821_18295663.jpg



詳細は追って・・・記録として・・・アップしたいと思ってます。



今日は無事(^O^)/仕事に復帰しました!
[PR]
by nao-617 | 2013-05-14 18:30 | *日々のあれこれ* | Comments(2)